オーダーメイドよりお手軽な市販のウィッグを自然に見せるコツ-レディースアデランスのオーダーメイドウィッグ|悪い口コミ・良い口コミ!

オーダーメイドよりお手軽な市販のウィッグを自然に見せるコツ

女性向けオーダーメイドのウィッグ……『レディースアデランス』は高いので、やっぱり市販のものにしようとお考えの方、市販ウィッグてバレやすいですよね。

でも、バレないために、市販のウィッグを「自然に見せるコツ」が4つほどあるんです。

しかしその前に、レディースのウィッグそのものについて、どのような選び方をするのがいいか、ご説明しますね。

ウィッグを自然に見せるためには、まずは自然に見えるものを選んでください。

お値段が安いものは、やはり不自然なものが多いですね。

少し高いと感じてもあとあとまで使えますし、最初から良くないものだと、つける勇気もなくなってしまいます。

また、色も奇抜ではないもののほうが、長く使えるので適当だと言えます。

ライトブラウンなど明るい色はバレやすいので、避けたほうがいいでしょう。

ウィッグが不自然に見えてしまうのは、つけ毛そのものではなく装着方法にも問題があります。

特に不自然に見えやすいのは「つむじ、境目、テカり、ボリューム」の4つです。

このポイントを上手に抑えたつけ方によって、地毛のように見せることができるのです。

★★★ つむじ対策 ★★★

アデランスでもそうなのですが、つむじ部分は各会社も人工皮膚など用いて、できるだけ本物に近い形で見えるように工夫されています。

この部分は、髪を結ぶなどして隠すこともできますが、安いものはつむじの部分の作りも雑になっています。

やはり自分で確かめたり、ネットで買う場合には他人のレビューを見て、つむじ部分がどうかよくチェックしておきましょう。

もしくは、帽子をかぶっての対策もアリです。

気になる場合は隠してしまおう!……というわけです。

中には、「カチューシャつき」…なんていうレディースのウィッグもありますので、つむじを隠しやすくて便利です。

★★★ 境目対策 ★★★

次に境目対策です。 フルウィッグであれば問題ないのですが、ハーフなど長さが微妙で地毛が出てしまうときには、髪の毛の質感や色でバレやすいものです。

色も微妙に違うものがたくさん販売されていますので、できるだけ地毛に近い色のものを選びましょう。

少し色が薄かったと思う場合には、面倒ですが、思い切って紅茶染めなどすることもできます。

あるいは自分の髪の色を、ウィッグに合わせて染めることもできるでしょう。

また、髪型を合わせておくことも大切です。

地毛がストレートなのに、ウィッグだけパーマだと完全に境目が別れてしまいます。

できるだけ自然に見せるコツは、地毛と限りなく近いものをつけることです。

★★★ テカり対策 ★★★

ウィッグには、独特の光沢がありますね。

人形の髪の毛を想像してもらうと分かると思いますが、明らかに人工的な天使の輪ができてしまいます。

テカりを消すために、まずウィッグを洗いましょう。

水だけでも良いのですが、シャンプーで洗うとより効果的です。

他にも、柔軟剤で洗うという方法があります。

その場合は30分ほど浸しておき、そのあとしっかり水で洗うという方法です。

しっとりと、落ち着いた感じになりますよ。

他にも、着用する前にデオドラントスプレーを吹きかけることもできます。

10センチくらい離したところからまんべんなく吹きかけます。

白くならない程度にかけましょう。

それから水洗いします。

ベビーパウダーをはたくだけでもツヤ消し効果があります。

★★★ ボリューム対策 ★★★

最後に、ウィッグをつけているとバレやすいのが、どっしりとした重量感です。

面倒だという人は、つけ毛をしたまま美容院に行ってカットしてもらいましょう。

自分で対処したい場合は、水泳キャップの上から装着するという方法もあります。

地毛を抑えることができますので、ボリュームが抑えられます。

最近では水泳キャップ風のネットも売られていますので、それを活用することもできるでしょう。

自分の毛量に合わせて使ってみてください。